よくあるご質問・想定されるご質問について

ここでは、よくあるご質問・想定されるご質問について記載しています。

120906_132.jpg120906_113.jpg

相談には費用はかかりますか?

いいえ、一切いただきません。
何時間ご相談されても初回のご相談であれば無料にて応対します。
当然ですが、「押し売り」のように、無料相談したからといって業務依頼するよう強制することはいたしません。

初回無料相談はどのようにお願いすればいいですか?

お電話、FAX、電子メール、いずれでもOKです。
御社にご訪問してお話を聞くことを基本的なスタンスと考えております。やはり、対面のほうが複雑な内容でもニュアンスをくみ取れると思います。
お電話、FAX、電子メールで一度内容を確認後、ご訪問で再度内容の詳細をお話する場合でも代金はいただきません。正式なご依頼契約を結ぶまでは無料で対応します。

何かあるときだけの依頼ってできますか?

はい、できます。

何かあるときにその業務だけを単発でお受けする業務契約は、「スポット契約」と呼ばれています。もちろんスポット契約も大歓迎です。

顧問契約を依頼するまでもないかなぁという場合はスポット契約で御社には何ら支障はないでしょう。

小さい会社ですが顧問契約できますか?

 顧問・参謀契約は会社規模を問わずご契約できます。
顧問料は社員数や業務量に応じて融通をきかせますので、是非お待ちしております!

手続きなどの実務は社内で行うため、相談のみを依頼できますか?

はい、できます。
ご相談できる回数・時間は無制限ですので、「相談顧問」を是非ご活用ください。
まずは相談顧問で社労士がサポートする便利さを体験していただき、手続きが頻繁に発生することになったら手続き込みの顧問・参謀を依頼するという手もあります。
報酬は、手続き込みの顧問・参謀料金から大幅に引いた額にて承ります。ご相談の上、御社の業種や従業員数によって承ります。

付き合いのある社労士がいるのですが、相談してもいいでしょうか?

 はい、構いません。
 複数の社労士と同時に関わってはいけない、なんてことはありませんのでご遠慮なくご相談くださいませ。

 最近は、セカンドオピニオン(よりよい決定をするために、もう一人の人から聴取する意見。医療の分野では、一人の医師の意見だけで決めてしまわずに、別の医師の意見も聞いて患者が治療法などを決めること。)として専門家を上手に使い、より多くの選択肢の中からより良い選択肢を選ぶことが増えています。

対応エリア外からの依頼は受けてくれませんか?

いいえ、絶対にNGということではなく、御社にご訪問する日時の調整が取りづらいということでありますので、スケジュールによってはご訪問可能かもしれません。是非お問い合わせくださいませ。

社会保険労務士に相談すべき内容なのかちょっとわからないんですが・・

そのような場合でもお話をお聞かせくださると幸いです。

もし社労士ではなく別の士業・専門家の範疇である場合にはご紹介することも可能です。社会保険労務士ながや事務所は、弁護士、司法書士、税理士、行政書士とのネットワークがありますのでご安心ください。

営業時間は?

お好きな時間にお電話等くださって結構です。土・日・祝日でも結構です

外出していたり、寝ていたり、トイレに入っていたりして電話に出られない場合があるので、お問い合わせフォーム、電子メールのほうが助かりますが・・・^^;

メールは頻繁にチェックしますし、すぐに返信しますのでご安心ください。

会社ではなくて別の場所で相談したいのですが

 従業員に聞かれたくないようなご相談で、社内ではちょっとマズい場合には別の場所での打ち合わせでも構いません。お互いに都合のいい場所を調整してそこでお話しましょう。

報酬の支払いはどうなってますか?

基本的には業務遂行後の後払いです。銀行口座への振り込み、もしくは手渡しでお支払していただきます。

毎月の顧問料や、助成金申請、就業規則作成・変更等の長期に渡る業務については着手金をいただく場合があります。詳しくは打合せ時にお話しします。

講演・取材依頼をしたいのですが

え?!

それはとても嬉しいです!是非ご連絡お待ちしております♪

▲このページのトップに戻る